バーチャル就職フェア2021

img
img
img

2021年3月27日にカンボジア日本人材開発センター(CJCC)はカンボジア日本人商工会(JBAC)と共催でZoomとFacebookを通してバーチャル就職フェアを開催しました。当イベントは、カンボジア人就職希望者への日系企業及びカンボジア企業での就職機会の提供を目的に開催しました。CJBI会員の4社を含む10社(日系企業4社、カンボジア企業6社)が参加し、各企業のプレゼンテーションを行う一方で、質疑応答を通して参加者と積極的に交流していました。当イベントには日本の自治体である茨城県も参加し、日本(茨城県)での就業を希望するカンボジア人就職希望者に向けてプロモーションビデオを公開しました。

当イベントにはゲストスピーカーによるセッションもあり、CJCC人材開発部マネージャーのシ・ヴァンナ氏(Mr. Sy Vanna)が「アフターコロナ時代のキャリア形成」をテーマとしたセッションを、オモハブ・イノベーション・スペース(OMOHUB Innovation Space)及びエイチエヌオー・エクスプレス(HNO Express)の共同創設者兼取締役でもあるチア・ソキー(ビル)氏(Mr. Chea Sokhy (Bill))が「将来に備えた若年層の働き方」をテーマとしたセッションを開催しました。

第1回目の開催であるバーチャル就職フェアは参加者並びに各企業の代表者にとって有意義なイベントとなりました。